レビトラジェネリック

levitra(レビトラ)

レビトラジェネリック

レビトラジェネリックとは、ドイツのバイエルン製薬会社より販売されている勃起不全の改善治療薬である、レビトラの後に続々と発売されているジェネリック医薬品になります。

レビトラとジェネリック医薬品

同じ成分・同じ効能を条件とし、副作用や用法も同等で、生産国や製造会社が違います。

その他の違いとして、治療薬の形状・味・色などがあげられます。

ジェネリック医薬品は勃起薬のみでなく、風邪薬やそのほかの高額治療薬の後発薬として販売されており、経済的に医薬品の継続購入が困難な人々を支えている治療薬です。

レビトラのジェネリック医薬品に関しても条件は変わらず、効果効能・服作用・併用注意薬など治療薬に対するほとんどの事柄が、同等とされています。

レビトラとバイアグラ・シアリスの違いと共通点

3代勃起薬として知られている、レビトラ、バイアグラそしてシアリス。勃起薬として、何が異なるのかを把握しておくと、治療薬の選択時に迷わずに購入する事が可能です。

3つの治療薬の共通点

男性の性器の中には海綿体と呼ばれるスポンジ状の勃起性組織があり、海綿体の筋肉がゆるみ陰茎内の血管が拡張され、より多くの血流が海綿体に流れ込み勃起する仕組みになっています。勃起不全の改善にはこの「血流を流し込む」という事がキーポイントとなります。

男性が性的刺激や興奮を受けると、NO(一酸化窒素)が体内に放出され、サイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が、血管を拡張させ、性器に血液が流れ込むことにより、勃起という生理現象が起こります。その後PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酵素が、体内で増えることによって「勃起が萎える」という現象が起こります。

このPDE-5の分泌が盛んになればなるほど、男性の陰茎部は勃起しなくなってしまうのです。

これらの3代治療薬の共通点はこのPDE-5の働きを阻止し、勃起を促す「PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害剤」であるという事です。しかし、この3代治療薬は同じ薬効を持ちながら、主成分やその他諸事項に違いがあります。「バイアグラが合わなければ、シアリスへ」というのは、このことからいえるのです。

主要有効成分

レビトラ = バルデナフィル

バイアグラ= シルデナフィル

シアリス = タダラフィル

効能の効き始めまでの時間

レビトラ =最短で15分から1時間

バイアグラ=最短で30分から1時間半

シアリス =最短で30分から4時間

最高血中濃度到達時間

レビトラ =40分から50分

バイアグラ=30分から1時間半

シアリス =30分から4時間

薬効持続時間

レビトラ =約4時間から6時間

バイアグラ=約4時間から6時間

シアリス =10mgで20時間から24時間、20mgで30時間〜36時間

飲食の関係

レビトラ =700Kcalまでの軽食

バイアグラ=空腹での服用が必須

シアリス =700Kcalまでの軽食

副作用

レビトラ =頭痛・動悸・顔の火照り・鼻づまり・目の充血・胃酸過多

バイアグラ=頭痛・動悸・顔の火照り・鼻づまり・目の充血・視覚

シアリス = 頭痛・動悸・顔の火照り・鼻づまり・目の充血・筋肉痛

このように3種類とも、同じ働きをもつ主成分を持っていますが、それぞれ特徴があるのです。併用注意薬や、治療薬が服用できない方への注意も同等です。

レビトラ・バイアグラ・シアリスの健康にまつわる注意事項

下記の症状をお持ちの方は、ジェネリック医薬品を含める勃起薬の服用は医師の指導下となります。

服用に医師の指導を必要とする症状

  •  有効成分でアレルギー症状を起こしたことがある
  •  心臓疾患
  •  血栓性疾患
  •  重度の肝機能障害
  •  重度の腎機能障害
  •  網縄色素変性症
  •  過去3ヶ月に心筋梗塞を起こしている
  •  過去6ヶ月に心不全を起こしている
  •  医師の管理がなされていない、高・低血圧の症状がある

併用注意薬により、医師の受診と指導が必要な薬剤

  •  高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬
  •  降圧剤
  •  CYP3A誘導剤
  •  CYP3A4阻害剤
  •  急性心不全治療剤

併用禁忌薬

  •  硝酸剤
  •  塩酸アミオダロン製剤
  •   硝酸イソソルビド
  •  β遮断薬の一部
  •  緑内障の治療薬の一部

レビトラをはじめとする3大勃起薬の生みの親とは?

レビトラ

アスピリンで有名なドイツを本拠地とする、バイエル製薬会社から研究・製造・販売されています。バイエルは、日本においても「放射線医薬品」の開発を手がけるなど、医薬品業界ではリーダー的存在でもあります。

自社のホームページでも、レビトラ服用者への呼びかけを掲載するなど、好感度の高い製薬会社です。

バイアグラ

勃起薬の生みの親ともいえる、米国ファイザー社より販売されているバイアグラは、世界中の勃起不全患者の救世主ともいわれています。バイアグラ誕生までには、たくさんの愉快な物語があります。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは本来、狭心症の治療薬の成分として研究が進められていました。ところが治験期間中、治験者たちがなかなか治療薬の返却に来なかったことから、医師が問い合わせたところ「勃起効果」が認められている事が判明したのです。

これが、バイアグラ誕生の第一歩でした。その他、イギリスにあるファイザー社の工場付近では、カップルたちが満足する性生活を送っていると噂になり、一時は観光名所になるほどだったそうです。

シアリス

2003年11月に米国食品医薬品局(FDA)より承認され、「ウィークエンド ピル」と呼ばれ、世界中で愛用者があとを立たないシアリスは、イーライリリー製薬会社より製造・販売されています。2009年より日本製のシアリスにおいては、製造販売元がイーライリリー株式会社、販売元が日本新薬株式会社となっています。